軽自動車なら何でもいい…とお考えのあなたへ!選ぶコツ!

こんにちは、エクセレントです!

クルマに興味もないし知識もないけど、必要だから買う…そんな方、案外おられるんじゃないでしょうか?

軽自動車って維持費が安いらしいから、軽自動車ならどれも同じでしょ…と、さっと決めてしまう前に!ご自分のカーライフにあった軽自動車を見つけるお手伝いとして、記事で紹介させていただきます♪

(※2021年6月12日時点での新車購入での情報のみとさせていただきます。中古車購入などの際は装備等を販売店にご確認ください。)

シーン別お勧めの車種


・とにかく安全性能で選ぶなら!N-WGN&N-ONE

ホンダより発売中のこの2車種!

とはいえ最近では軽自動車とはいえど、衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警告機能など安全運転サポート機能がついたものが多いです。

ではどうしてこの2車種がいいのかですが、

サイド&カーテンエアバッグが全車標準装備なのです!その他の車種でもオプションやグレードによってはついていますが、N-WGNとN-ONEはもれなくついてきます。

前方だけでなく、側面も守られる安心感があるのは強みですね。

また、自動ブレーキが昼間では歩行者と自転車にも対応!夜間でも歩行者にも対応していて、安全性の向上につながっています。


・悪路の走破性が必要な方へ!ジムニー

スズキより発売中の大人気車種ジムニー。

見た目のクールさももちろん素敵ですが、軽自動車でここまで?と思わせる悪路走破性も兼ね備えています!

ある程度の雪道でも走れるというレベルであれば4WD(四輪駆動)の車で充分かな?とも思いますが、オフロードコースで走って遊びたい方にもお勧めできるのがジムニー。

カスタムのパーツもたくさんでており、さらに力強い走りを追及できます。


・自転車もひょいっと載せられる!ひろ~い搬入口!タント&N-VAN

自転車で出かけて行った家族が急な雨に見舞われたとき、迎えに行こうども自転車はどうしよう…?そんな問題も解決できちゃうほど楽々乗せられる軽自動車がダイハツのタント&ホンダのN-VAN!

ピラーレスで助手席側がとっても広くオープンできるのですが、「ピラーレス」とは…?一目でいいかも!と思えるこちらの画像を用意しました。

いつもはこんな感じ

タントはこう!

N-VANも同様に広く開きます。

バンなだけあってN-VANはさらに汚れが拭き取りやすい素材が使われているため、気にせずさっと乗せられますね。

机などの大きさがあるものを買っても天板すらさっと入れられそうな広さは大きな魅力です。


・快晴の日はオープンカーに乗って風を感じたい!コペン

ダイハツより発売中のコペン

オープンスポーツカーで見た目もと~ってもかっこいい!

え、これで軽自動車?と思うほどのクールな存在感がありますね。

屋根は開閉可能で、晴れた日には気持ちいいドライブが楽しめちゃいます。


・汚れた荷物を積んだ時に布地が汚れちゃうのは嫌…。ウェイク&タフト

ダイハツより発売中のウェイクとタフト

汚れた長靴とか、海帰りの砂だらけの荷物…布地の荷室に乗せるのはちょっとためらっちゃいますよね。

ビニールシートでももちろん解決はできますが、こちらはいかがでしょう?

汚れがさっと拭き取れる荷室!

後席を倒してその上にも置けちゃうので自由に使えますね♪


・子供を乗せたり買い物に普段使いしたり日常で活躍してほしい!ムーヴキャンバス

ダイハツより発売中のムーヴキャンバス

車のドアを開けてると風や接触で急に全開になってあわや隣の車と接触しそうになってヒヤッ…

特に荷物を抱えていたりして手がふさがっている時はもっとヒヤッとしちゃいますよね

やっぱり後席のスライドドアはそんなときの大きな味方です!

後席スライドドアだけなら他の軽自動車でもついている車種はたくさんありますが、キャンバスはさらに後席下に引き出しがついているグレードがあり(置きラクボックス)、床に荷物が触れるのがイヤ!といったニーズにもこたえてくれます♪

食べ物や衛生用品を買ってもポンとおけちゃう便利な機能ですね!


以上6つのシーンでのお勧め軽自動車をご紹介いたしました!

当店でも実車をご覧いただけるものがございますし、お見積もりもお気軽にご相談ください✨

素敵なカーライフを送るお手伝いをさせていただきます!

カーリース無料審査フォームはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる